しんちゃんファミリーの釣りとしあわせ


釣りと幸せな家族の日々です
by king-fish

<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

秘策

昨年のマス釣りで知り合った人がいた。 7回の乗船で3本だと嘆いていた。
道中 キャビンの中で 1時間釣れない話を聞いていた。 その日の私は8時までに数本のそれなりのマスを確保していた。
当たり針はP-工房のアワビカグラの青だった。 一本だけ替えに用意していた針をその釣り人に渡す。 カグラを咥えたのは3kgはあろうかという良い鱒だった。 彼の目が潤んでいた。

その釣り人に先日 釣りの後 岸壁でばったり会った。 昨年の感謝を述べた後 今年は3回で12本釣ったと言うのだ。  そして防寒着の内ポケットから ビニール袋を渡された。 力強く 自信に満ちて使用を勧められた。本数は10本 長老と二人で使う分だけだ。
ワン ツーフィニッシュになりそうな予感 (爆)
神棚の御神酒も準備 ラッパに対応する耳栓を忘れないで行こう!!!
[PR]
by king-fish | 2009-01-31 21:05

底から10メーター !!!

鱒は2kgを越えると100mの海底から 200号の竿を断続的に引き絞る。
そんな奴らはスケソの仔を横っ腹を咥えて 飲み込む。 だからスケソは胃の中で二つ折りになっている。
狙う棚は底から10m そんなシーンを夢見ていた。 室蘭のエルム… 良い釣りをしている。
毎年の事なのだが感心する。
船頭の腕は皆 優秀なのだ。 釣り人の腕と最後まで諦めないスピリットが重要なのだ。
これからの鱒… いつか深棚が爆発する。 そんな時のブリ毛なのであります。
本番は 時化後… 獲る!!!

画像は ステン鱒針にグリズリー 師匠の鬼針の迫力には及ばないのだが… 仏門の身に説得力はない。(笑)  しかし昨年2月 こいつを咥えた奴は 2.3kg カウンター95m!!!
e0151960_2338324.jpg

[PR]
by king-fish | 2009-01-30 23:38

現地解散

文字通りの3日坊主… 昨日の凪と天気図から 29日の今日は更に良化と踏んだ。
道中 火力発電所の煙突の煙は 陸に向けて倒れていた。 南風…
船長の中止コールによって 凪の日高沖を横目に帰宅した。

帰宅後 タイイングデスクの清掃命令… 仕事はし易かったのだが…
整理中に出て来たのが 相棒が震撼したティンセル(舶来の柔軟なタイプ)
捜していたのだが やっと出て来た。
なにかの予感がする。 昨年獲れた 針とカグラ ベイトを信頼して仕掛けを組み直す。
タイムリミットが近い。 焦る気持ちを落ち着けて ハイシーズンに立ち向かおう。

画像は 逆鱗に触れたデスク 機能美と男らしさと感じるのは自分だけか・・・ (爆)
e0151960_1754820.jpg

[PR]
by king-fish | 2009-01-29 17:54

御寺さんとお呼びください

さて 私 2/1まで 仏門に入ったような気持ちで精進を重ねたいと思います。
本日 久し振りの御坊さんになりました。 (泣)
[PR]
by king-fish | 2009-01-26 15:59

明後日 鱒釣りへ

経験値から言いますと ひよっこのような奴らとの新年会から帰ってきました。
つまらない 鱒を解っていないのであります。
偶々、 4匹釣った位で天下を取ったが如くの言動…  まぁ 船上で仕掛けの譲歩を願い出るのが 関の山。

明後日 私 本気です。 (笑)
[PR]
by king-fish | 2009-01-24 23:51

室蘭でスケがあがりました

室蘭でキングサーモンがあがりました。 13kgもあったそうです。
さぞかし 面白かったでしょう。 さて私もキングを意識した毛針を巻いていました。
皆様にもチャンスはあります。 私は2回程 キングを他の人が釣った場面に立ち会いましたが2回ともに 共通した項目がありました。 

バケの色が赤かったこと タコベイトの付いていない針だったことです。
そしてマスが 沢山釣れた日でした。 あの魚体を見ると 鱒はやっぱり子分ですね。 (笑)
e0151960_2255876.jpg

[PR]
by king-fish | 2009-01-23 22:56

毛針が届きました

学生時代 実習があった。 二十日鼠の副腎を摘出するというもの…
その実習で助教授は 担当教官を驚愕させる。 手技の時間が多分 先生よりも早く しかも正確だったから (笑)
彼も隠れサクラマスフリークであり 堰堤で桜に引き摺り回された経験がある。
次回は ドロッパーで云々… 飲みながらタクティクスを練った。 大水が出てそれは実現しなかったのだが…

外貌は極めて紳士 だが実は結構やんちゃくさい。 指先の器用さで対抗できるとすれば 師匠以外には思い当たらない。
私 子供の時から クワガタにしても どちらが強いか等と決着を付けたがる癖があります。
悪い癖だと 解っているのですが… 治りません (爆)

画像は 驚愕の指先のタイイング 師匠 大王様 如何でしょう ?
e0151960_16373642.jpg
 2年振りだそうです。
あっ 酒も飲めます。  仕事ほっぽりだして 久し振りに遊びにおいで!!!
[PR]
by king-fish | 2009-01-18 16:38

ピンクタコに殺られた

ピンクタコベイト… ちょっと下品なんです。(笑) せっかく組んだ仕掛けがそれが組み込まれる事によって美観を損なうような気がします。 せめて黒か緑…

背に腹は代えられず・・・ 私も使いますが。 せいぜい2個と教えられた事が頭にあって全部とかは組む気になれません。
深場では水圧で潰れ効果がないとか・・・ 抵抗が大きくて 泳がないとか… よくもっともらしく言われますが そんなの虚言です。 
マス釣り 最高のアイテムなんだろうと思いました。

今日は負けを認めますが… せいぜい泣いて2kg 象さんチーム(わたしの家) の狙っているものとは違うと言う事だけは言っておくぜ!!! (笑)

以前 メールで御教示頂いた Hプロが別船にて定数達成と無線が流れていました。 流石です。

釣りを終えて帰宅 郵便が届きました。 助教授からの杉坂フライ キールタイプということです。 応援して頂いている皆様 うさぎさんチームをコテンパンにやっつけますので お楽しみに!!!

実はちょっとソイに行きました。 その時に道糸の高切れがあったのです。
もう糸巻学習を済ませました。 カウンター誤差が敗因の一つだろうか… あぁ くやしい (爆)
[PR]
by king-fish | 2009-01-17 21:25

明日 二回戦

明日 御休みです。 長男はセンター試験です。
私は 宗八5回キャンセルを喰らった相棒を連れて 勇払から出撃・・・・

時化後です。 今まであんまり良い思い出はありません。
しかし 明日も釣ります。 おしゃべりをせず 集中して振りぬきます。
私の人生で重要なイベントがある時は 大抵 バケを振ってきました。
大体それで 結果オーライ (笑)  息子も苦笑いで釣行を許可してくれました。

太平洋らしいマスを1~2本 獲りたいものです。
行って参ります!!!
[PR]
by king-fish | 2009-01-16 23:24

黒毛針

太平洋のマスが思いのほか 早いスタートしました。 豊漁の予感です。
札幌で 釣具屋探訪を行い、マス関連のタコベイトや小物を買って来ました。
現在 太平洋では黒毛針が主流でありますが、自分で巻こうとすると 黒く染めた鶏の羽根がベースになります。
鶏インフルエンザの関連で、中国からの入荷がストップし 品薄状態  国産は食肉鶏の早期出荷技術の発達から しっかりした羽根を入手することは困難ということです。

それではと言う事で 黒いティンセルで黒毛針を巻いてみました。 羽根を使うより簡単 後始末も楽ちんでした。 (笑) 毛艶は文句なし、風呂に浮かべても ふわふわ漂う感じは 鱒にアピールしそうです。 価格も安く これが成功すれば良いのですが… 簡単に行くかな (笑)

画像は ティンセルで作った黒毛針 もしも釣れたら 変な名前を付ける予定 (爆)
e0151960_20382947.jpg

[PR]
by king-fish | 2009-01-10 20:38


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ジャズダンス,jazzd..
from ジャズダンスでダイエット
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧