しんちゃんファミリーの釣りとしあわせ


釣りと幸せな家族の日々です
by king-fish
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

毛針に潤いを!!!

フライマテリアルの中でも 高価だな…と思うのは ジャングルクック ポーラーベアー グリズリー。 マス毛針ではよく使われる。
いずれも サーモンフライからの 流れのようだが…
ジャングルや白熊は 目に見える分だけ使えるのだが グリズリー(灰色熊ではありません)という鶏の羽は一羽分買っても 使える毛はそんなにない。

ブリ毛という鶏の羽があるが、今では高品質の物は入手できない。 ブリモスロックという鶏で、斑のある羽なのです。
師匠から託された 2010モデルは ダイドグリズリー(蒼)にポーラーベアーをあしらった一本だった。 師匠のストックも残4枚という貴重な毛だったから 相棒にも本当はやりたくはなかった。(笑)
船中5~6本という船が多い中 バケ尻に付けた相棒は早い時間帯に スケソの切れ目で4本掛けた。
「今年はこんな針かもなぁ~」… 奴はまだ フィールドテストを続けられる。

画像は 貴重なマテリアルは 羽にもメインテナンスを施しましょう!!!ということです。
ジョンソン&ジョンソンのローション等で 潤いを与えましょう
e0151960_19251123.jpg

[PR]
by king-fish | 2010-02-21 19:26
<< ウォーキング 冬釣り最終戦の中止 >>