しんちゃんファミリーの釣りとしあわせ


釣りと幸せな家族の日々です
by king-fish
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

繁殖牝馬のワクチン接種

朝 生産者さんからTEL 繁殖のワクチンについて 質問される。 私の考えとしては 馬鼻肺炎(ERV)のワクチンは 少なくとも2回 インフルエンザワクチンは空胎馬にも接種をすることだと思っています と伝えた。

加えてロタワクチンを…と言いかけた所で 「生産地の現状を考えると・・・」 との反論。 ワクチン代が重荷だと言う人がいるというのだ。
きっと馬鼻肺炎の流産を経験したことがないのだ。 ERVの流産が決定すると 生産者の精神的な消耗は大きい。 現行のワクチンが 完璧に継続発生をブロックできるものではないのだが… ワクチンが精神的な支柱にはなるのです。 かけるべきにはかけたいものです。

日本製の生ワクチンの試験も進んでいるそうだ。 鼻肺炎ウィルスは 人の帯状疱疹と同じ種類の ヘルペスウィルスです。 繁殖牝馬に ストレスをかけないことが重要なのだと思っています。
家畜保健所便りには 角の馬房での発生が多いように感じるとか… 有意差は解らないが その道のプロが 便りに 書くと言う事を 見逃してはならない。

ケンタッキーは 真冬でも馬服(ブランケット)が 要らないそうだが… 東静内は レキシントンより全然 寒いぜ!!!

ところで 今の静内のシシャモ 刺身でも 干物でも極上です。 トロシシャモ 知る人ぞ知ると言った肴でしょうか!!!
[PR]
by king-fish | 2009-09-13 21:16
<< 脂肪燃焼スープ ANSELMINTICS (駆... >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ジャズダンス,jazzd..
from ジャズダンスでダイエット
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧