しんちゃんファミリーの釣りとしあわせ


釣りと幸せな家族の日々です
by king-fish
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ANSELMINTICS (駆虫薬)について

先日の 北海道獣医師学会で 社台グループの先生から イベルメクチン(エクイバラン等)に 耐性を示す回虫のお話があった。
実は 十数年前に JRAの先生から 耐性円虫のお話もあったのだが 今回程には 困った話でもなかったようだ。 これから 離乳がピークを迎えるが 仔馬から かなり回虫の虫体を見るようになる。
何故だか 秋には イベルメクチンでも虫を確認できる。(感染が MAXの状態だから?)

COOLMORE もSHADAI も使っている ピランテル(ソルビーシロップ) 日高でも 見直す時期だろうと思っている。
実は このソルビーシロップ 薬用量の2倍量投与で 葉状条虫も駆虫できるのです。
虫下し は飲み込むのを 確認してから 曳き綱を 放しましょう!!! 口に入れて いきなり 馬を放したら 結構 口から 出しちゃいます。

愛馬を 回虫の腸閉塞なんかに してはならない。 今までの苦労が 水の泡です。
エクイバランは 円虫に有効だし 回虫にも効くのです。
強い回虫が 出てきたんですね!

VS社台等と書きましたが 社台VS日高って言う 意識でいないと モチベーションが保てないんです。
社台は いつも お手本です。
[PR]
by king-fish | 2009-09-12 22:37
<< 繁殖牝馬のワクチン接種 スタイル変更します! >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ジャズダンス,jazzd..
from ジャズダンスでダイエット
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧